”オバ姫”になりたくないあなた

特別扱いは好きですか?

余程のセレブで、チヤホヤされるのはもう飽き飽き、「普通に接して欲しい」という人以外は、チヤホヤされたい願望ってあるのでは?

心理学的には、男性には“ヒーロー願望”、女性には“お姫様願望”があるとされています。

男性と女性の組み合わせの場合は、相手のツボをお互いに抑えた特別扱い(ヒーローとお姫様のペアってことで)が成立可能ですが、同性どうしの場合はどうなるのでしょうか?

以前、雑誌をななめ読みしていて、気になるコラムを見つけました。

人間関係がテーマだったのですが、

女性どうしのお付き合いは
各国のお姫様どうしの会合
だと心得るべし

というアドバイスが刺さりました。

多かれ少なかれ、人生経験を積んでいけば、そういうことを悟らざるを得ないのですが、時々??と違和感を感じる女性と出会うことがあります。

相手に全く花を持たせることなく、我1人、お姫様に徹する女性。

対等な関係の女性に対しても、チヤホヤを要求する年齢的には十分大人の女性。

イタいです。
(若干やっかみも入ってます)

「いい」と「イタい」の違い

イタい、というのはその人に対して
「恥ずかしくて見ていられない。見過ごすのは心が痛む。」という感じですよね。(ちょっと上から目線です)

例えば、シニアと呼ばれる年齢になって、華やかな色づかいでおしゃれをするのはイタいことでしょうか?

少なくとも私はそうは思いません。

でも、確かに、「いいな~」と感じる人と、「残念だな」と感じる人がいます。
その違いはどこからくるのでしょうか?

一言で言えば、センスです。

センスはバランス感覚。

これは、服のコーディネイトだけの問題ではありません。

外見と内面、好きなものと似合うもの、現実と理想…
その間にあるギャップと向き合いつつ、頭の中で考えるだけでなく、実際に服装という目に見える形で表現するおしゃれは、他人からのフィードバックも受けやすく、バランス感覚を鍛えるにはもってこいなんです。

センスを磨くには

一見同じことをしているようでも、その鍛錬の差が、違いを生みます。

“服は買えるけれどセンスは買えない。
センスを磨く鍵は、自分を知ること。
けれど、それって何年もかかるわよ。
(中略)
ファッションは自己表現だし、つまりは生き方に関わることだから”

byアイリス・アプフェル

「シンプルはつまらない。93歳のファッショニスタ美学より」

今の自分を受け入れておしゃれを楽しんでいる人からはイタさは感じません。
突き抜けていてかっこ良く見えます。
一方、年齢を含め、自分を受け入れられていない人の目くらましのような装いには、イタさを感じてしまいます。(見てはいけないものをみてしまったような気まずい気持ちになります)

ホントは誰だってイタいところを持っています。
それに気づいているからこそ「あんなふうになりたくない」んですね。
でも、「なりたくない」からって身を固くして動けなくなっているとストレスがたまるばかりだし、なんだかオバ姫様にエネルギーを奪われているようで悔しいじゃないですか。
ここは、戦いどころです、自分との。

まとめ

イタくならない
イタいところを乗り越えて、素敵な大人の女性になるためには
・自分を知ること
・生き方のレッスンとしておしゃれを続けること

 

あなたにおすすめの記事

関連記事

  1. ボーダーを着る女はモテない!?モテ服ってどんな服?

  2. 大人のおしゃれーそのままにしておくと危険な3つのつもりとは?

メルマガ登録

5日間無料メール講座が配信されます

サービスメニュー

  1. サービスメニュー

  2. サービスメニュー

  3. サービスメニュー

人気の記事