ボーダーを着る女はモテない!?モテ服ってどんな服?

ゲッターズ飯田さんの『ボーダーを着る女は、95%モテない!』
という本が話題になりました。

じゃあ、どういうのがモテるのかというと
「女らしい」服だとのこと。

女らしいって?

真っ先に浮かぶのは
男性のワードローブにないようなアイテム―
ズバリ、スカートやワンピースやブラウスです。

フジTVなどキー局の女子アナを参考にすると間違いないです。

簡単ですね。

でも、実は意外と一筋縄ではいかないもの。

コンプレックスがあって自信が持てなかったり、
計算高い、男性に媚びているという
ネガティブなイメージが邪魔して
「わかりやすいのは気恥ずかしい」「抵抗がある」という人も結構います。

そういう人が好むのが、例の“ボーダー”といえそうです。
(私もボーダー好きです。爆)

女性として生まれたからには
女らしさは自分らしさの一部なわけですが、
それをすんなり受け入れるマインドの状態であるかどうかが
女子力の高さだったり
モテの分かれ目になっているのではないかと分析しています。

卵が先か、ニワトリが先かではないですが…
ボーダーを着るからではなく
あえて、ボーダーを選ぶマインドがモテないということなんですね。


B.Bがモテないってことはなかったはずですが…

人気商売の人はもちろんですが、まだ一人前の大人ではない時期に
周囲の人に可愛がられるように他人受けするモテ服を意識するのは
単なるおしゃれを超えた処世術といえます。

でも、そのやり方は、だんだん通用しなくなっていきます。

若い頃通用していたモテ服を大人になってムリして着続けると「イタい人」になっちゃいますから。

大人になったら、とにかく誰でもこれさえ着ればモテる服なんてあり得ない。

それにもう不特定多数の人に庇護される必要だってないはず。

いわゆる“モテ服”を選んできた人も
あえて避けてきた人も、もしかしたら、この記事を読んでいる今こそ
素直に女らしさと向き合って、楽しめるときなのではないでしょうか?

あなたならではの女らしさを活かすモテ服がきっとあります。

一緒に見つけませんか?

あなたにおすすめの記事

関連記事

  1. 「”オバ姫”になりたくない」あなた

  2. 大人のおしゃれーそのままにしておくと危険な3つのつもりとは?

メルマガ登録

5日間無料メール講座が配信されます

サービスメニュー

  1. サービスメニュー

  2. サービスメニュー

  3. サービスメニュー

人気の記事