贅沢の意味が変わった

流行の服、安くてかわいいファストファッションでおしゃれするのも楽しいけれど、長年愛され続けてきた老舗の丁寧に仕立てられた服にも魅かれます。

時間とともに体にどんどん馴染んで、一緒に年を重ねていける服がワードローブにあるとしたら、それはとても幸せなこと。

以前観た映画『繕い裁つ人』の主人公のセリフに

「そんなにあったら、わからなくなるんじゃないかしら?
本当に好きなものが。」

というのがあるのですが

時間に追われ、情報過多の生活をする私たちにとっては

本当に自分に必要なものを絞り込んで選ぶことが特別
そこにエネルギーと時間を注ぎ込むことが贅沢なこと

なのかもしれないですね。

それは、ただ、高価なアイテムを買うだけでは、手に入らないものだから。

東京と神戸でパーソナルカラー診断、
ヒロインタイプ診断、ショッピング同行承ります

関連記事

  1. コーディネイトとスタイリングの違い

  2. パーソナルスタイリストの選び方

  3. あの人がきれいな理由

  4. ボーダーを着る女はモテない!?

  5. 服が選べないあなたへ

  6. 危険な3つのつもり

  7. なぜ、おしゃれな人は好かれるの?

サービスメニュー

  1. メニュー関連

  2. メニュー関連

  3. メニュー関連

人気の記事

【オンラインファッションサポート開始】