何を着たらいいのかわからない

「何を着たらいいのかわからない」

人はこの言葉を文字通りとらえてしまうと
「そんなの好きな服を着ればばいいじゃない」
と言ってしまいがちです。

あなたも一度ぐらい
そんなふうに言われた経験ないでしょうか?

そのときどんな気分になりましたか?

「そんなのわかっているよ」
とムッとしたのではないでしょうか。
「わかっているのに、できないから困っているんじゃない。」
そう思ったのでは?

ヒロインスタイリングで
定期的に開催している「シンデレラノートレッスン」は
コラージュ(写真や絵の切り貼り)のワークショップなのですが
先日こんな参加者さまの声をお聞きしました。

「ビジョンボードに興味があって
見よう見まねでやってみたのですが作り方がわからなくて」
「教えてくれるところがないか検索して申し込みました。」

何を着たらいいの?
どうやったらコラージュを作れるの?

根っこは同じだと思うのです。

こんなときって
外から”答え”をもらえれば満足できそうな気がしますが
実際はそういうことではなかったんじゃないでしょうか?

本当に知りたい答えは
自分の中にしかありません。

シンデレラノートレッスンでは
あなたの中にある「好き」
「トキメキ」にフォーカスすることを
オリジナルテストや対話を通してサポートしています。

ご自身でやってみるときの注意としては

「欲しい」ものを貼ってください
という指示をうのみにすると
ときに勘違いも起こり得るということ。

欲しいものを貼ったのにワクワクしないとしたら
それは、勘違いしている可能性があります。

例えばお金が欲しいという場合も、本当は○○を叶えるためにお金が欲しい
のではないでしょうか?

○○が何かがはっきりしていて
それにお金が必要であれば引き寄せが起きる可能性は高まりますが
それがあいまいなまま
ただお金の写真を貼っても難しいんじゃないかと思います。

コラージュの作り方がわからない
というのは

○○がはっきりしない、迷っている
だから、何を切り抜いていいのか困る
という意味なのではないかと
私は受けとめています。

○○が何かを明らかにする作業=コラージュづくり

なんですよ。
(少なくとも私が主催しているクラスではそうです)

だから始めからわからなくて当然。
一発で行きつかなくても
どうかがっかりしないで欲しいのです。

(シンデレラノートレッスンでは
一週間以内に新たに作品をメールで送ってくだされば
フォローレッスンをしています)

わからなくてグルグルしているときには
とにかくやってみること。
自分の気持ちに素直になること。

それが第一歩であり
突破口につながる方法です。

ヒロインスタイリングは
少しずつでも幸せな気持ちで
おしゃれをー自分が自分であることを
楽しんでくださることを
心より願い、応援していきます。

一緒に一歩を踏み出してみませんか?

関連記事

  1. イメージの力で脱!おしゃれ迷子

あなたの人生の主役はあなたです

おしゃれ迷子のためのワークショップ

サービスメニュー

  1. メニュー関連

  2. メニュー関連

  3. メニュー関連

人気の記事

メルマガ登録