パーソナルスタイリストの選び方

この記事は
「たくさんのパーソナルスタイリストの中から、誰に頼めばいいのかわからない」とお悩みの方の参考になればと思い書きます。

パーソナルスタイリングは、文字通り一対一の個人的なサービス。
提供するスタイリストとの相性はとても大切です。

なかでも価値観をチェックするのは最重要ポイントといえます。

“結果にコミット”派

キーワードは「成功」

あなたがバリバリのキャリアウーマンで数字、実績重視の“結果にコミット”派だとしたら、公式サイトに起業家、政治家、士業などのお客様のスタイリング事例を多く掲載しているパーソナルスタイリストと価値観が一致しそう。

“脱ブナン”派

キーワードは「キラキラ」
楽しいこと、美しいもの、華やかななものに魅かれる“脱ブナン派”のあなたは、インスタグラムなどSNSでセンスや世界観にピンと来たパーソナルスタイリストに依頼すると満足度が高いでしょう。

ミニマリスト

キーワードは「定番」

シンプルで心豊かな暮らしを好む、そんなミニマリストのあなたは、定番服の着回しが得意&クローゼット整理を売りにしているパーソナルスタイリストを選ぶとしっくりくるはず。

着る服がない症候群

キーワードは「自分らしさ」

う~ん、どれも違う。
骨格診断、パーソナルカラー診断、ファッションレンタル…あれこれ試してみたけれど、“着る服がない症候群”のまま、というあなた―

もしかしたら、あなたのおしゃれ迷子の原因は、服そのものではないのかもしれません。

なぜなら、服はアイデンティティと深く関わるもので、おしゃれのモヤモヤ期は人生のモヤモヤ期とリンクしていることが多いから。

自分を見つめなおすことで、おしゃれ迷子とさよなら。
「これが私!」と自信が持てる服に出会えるようになります。

そんなあなたの自分探しのサポーターは、ファッションだけでなく、心理学の知識を持ち、カウンセラーやセラピストとしての訓練を積んだパーソナルスタイリストの中にいるはず。

※心理系でもコーチやコンサルタントは“結果にコミット”派と親和性が高い傾向があるので「思っていたのと違う」とミスマッチにならないようご注意を!

まとめ

どのパーソナルスタイリストも、それぞれお客様の幸せのためにサービスを提供していることに変わりはありません。

あなたが本気でプロの手を借りたいと願い、何が自分にとって大切なのか本音に正直になることで、きっとぴったりの出会いがもたらされ、満足のいく体験が得られるでしょう。グッドラック!

関連記事

  1. なぜ、おしゃれな人は好かれるの?

  2. ヒロインスタイリングができること

  3. 服は体験をより楽しむためのツール

メルマガ登録

5日間無料メール講座が配信されます

サービスメニュー

  1. サービスメニュー

  2. サービスメニュー

  3. サービスメニュー

人気の記事